新型コロナウイルス感染拡大防止についてみどり市から通知された登園自粛要請に対して、多くの保護者の皆様にご理解ご協力をいただきありがとうございます。昨日、(415日)、群馬県の報道発表において、みどり市内在住者から初めてとなる新型コロナウイルス感染症陽性者の報告がありました。

 心よりお見舞い申し上げ、1日も早い回復をお祈りいたします。

 さて、皆様もすでにご承知かと思いますが、行政が要請した休園措置や登園自粛措置に協力して園を休む場合には「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金」という国の制度を利用できます。(お勤めの会社にこの制度を利用できるか確認してください。)

この制度は新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的とした小学校等の臨時休校に対応する保護者である労働者の所得補償支援策です。小学校等が臨時休業した場合等に、その小学校等に通う子の保護者である労働者の休職に伴う所得の減少に対応するため、正規・非正規を問わず、労働基準法上の年次有給休暇とは別途、有給の休暇を取得させた企業に対して上限で1日8330円が支払われる制度です。(小学校等には認定こども園も含まれ、臨時休業した場合等には登園自粛も含まれています)

つまり、会社には自分の有給休暇を使用せず特別有給休暇を付与していただき、その休暇を利用し休んだ分の所得のうち1日8330円までを国が会社に対して補償するという制度です。

リンク先:厚生労働省

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07_00002.html